物販セドリは稼げるのか。

この記事は1分で読めます

現在世の中に横行しているお金儲けノウハウで成功するのは、楽観的に考えたとしても難易度が高すぎると思っています。

ほんの少しだけで良いので未来を考える能力がないと、金持ち達にお金を搾取されるだけの負け組になってしまいます。

代表的な例で言えば『せどり』という古本の転売も流行したようですが、あのビジネスモデルが販売された瞬間、私は仲間たちに「多くの稼げない人が続出します」と言い続けてきました。

 

まず単純な理由として、需要と供給のバランスが全くとれていないからです。

もう少し簡単に言えば、売る人間の数の方が、仕入れ先である本屋の数よりも、圧倒的に多いからです。

古本屋が全国1000店舗程度しかないのに、売っている人間は1万人以上もいるのです。

この時点で単純計算しても、90%以上の人間が脱落する事は解ります。

もしあなたが古本屋のオーナーだったら…と立場を変えて考えれば解ると思いますが、古本屋さんもバカではありませんので、必ず何らかの対策を練ってきます。

同時に『せどり』は将来が約束されたビジネスではありませんし、家族に自慢出来るような満足度の高いビジネスだと感じている人は少ないのではないでしょうか?

 

長期的に高いモチベーションを持ち続けるのは、ほぼ不可能だと思います。

恐らく途中で辞めた人、諦めた人が多いのではないでしょうか?

また、あれだけノウハウが流行してしまえば、当然仕入れ先である古本屋も対策を練ってきます。

つまり仕入れられなくなる日が来るのです。

そうなると、今まで通用していたノウハウが一瞬でゴミになってしまいます。

もちろん『せどり』が悪い訳ではなく、大々的に大人数にノウハウを販売してしまった事に問題があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿

Face Book Follow

プロファイル 黒澤 ペンちゃん

黒澤の経歴

高校卒業後陸上自衛隊へ、音楽隊と射撃が専門、
第1回12師団ライフル狙撃大会優勝、火薬類甲種免許
帰郷後自動車のセールス、銃砲火薬店勤務
飲食店喫茶スナックパブ外人バー等5店舗経営
酒の飲みすぎで膵臓を痛めて廃業、不動産業、建築業に参入
不動産業に転向した途端にバブルに遭遇一時は大もうけをするもその後バブル崩壊により失われた10年を経験、いまだ懲りないで、本年不動産免許更新予定、現在に至る。
土地有効利用、釣堀佐久平フィッシュランド経営
副業で千蓼会ネットショッピング経営、後継者募集
現在60代でも夢と希望のあるネットビジネスを提唱、最近は金融に興味が有ります。
*趣味はすべて副業になります。副業応援します。