常にお客様の目線に立って考える

この記事は1分で読めます

常にお客様の目線に立って考える
1つ目のマーケティングコンセプトは「常にお客様の目線に立って考える」です。お客様目線は基本中の 基本です。そんなの当たり前じゃないかとお考えになられるかもしれません。

しかし、どうしても忘れがちになってしまうことがあるのです。
この考え方を忘れてしまうと、ビジネスは必ずうまくいきません。つい自分の都合で、全く見当違いのことをしてしまうのです。例えば、通販サイトで商品を購入すると、無駄にパッケージが凝っている物が来る
時があります。お客様が欲しいのは商品ですよね?パッケージのデザインなんかどうでもいいですよね?

でも、販売者からしたら、「自社のブランドをもっと良く見せたい!パッケージはカッコイイ方がいいに決まってる!」

と考えてしまうのでしょう。もちろん、それが悪いわけではないですが、特に中小企業、個人経営の方は他にもっと力をいれるところがあるはずです。
お客様の目線を忘れると、ついこのような考え方に陥ってしまうのです。
お客様の目線に立って考えることは極めて重要です。改めて“お客様目線”の重要性を見直す必要があります。
新しい商品を考えるとき、チラシを作るとき、ホームページを作るとき、どんな時でもお客様の目線に立って考ましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 02.11

    格安中古住宅

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Face Book Follow

プロファイル 黒澤 ペンちゃん

黒澤の経歴

高校卒業後陸上自衛隊へ、音楽隊と射撃が専門、
第1回12師団ライフル狙撃大会優勝、火薬類甲種免許
帰郷後自動車のセールス、銃砲火薬店勤務
飲食店喫茶スナックパブ外人バー等5店舗経営
酒の飲みすぎで膵臓を痛めて廃業、不動産業、建築業に参入
不動産業に転向した途端にバブルに遭遇一時は大もうけをするもその後バブル崩壊により失われた10年を経験、いまだ懲りないで、本年不動産免許更新予定、現在に至る。
土地有効利用、釣堀佐久平フィッシュランド経営
副業で千蓼会ネットショッピング経営、後継者募集
現在60代でも夢と希望のあるネットビジネスを提唱、最近は金融に興味が有ります。
*趣味はすべて副業になります。副業応援します。